月額1000円で会員約2万6千人
月額1万1千円で会員約1500人



これって何だかわかります?




こんにちは! 市川ヒロシです。


実は、冒頭に挙げたのは、

トップのオンラインサロンの現状です。


最初のは、
キングコングの西野亮廣さんが
やっているオンラインサロン

次のは、
ホリエモンこと堀江貴文さんが
やっているオンラインサロン


でも、これは、
有名人だからできる芸当ですよね。


オンラインサロンとは?


ところで、
オンラインサロンとは
いったい何でしょうか?




ウィキペディアによると、

月額会費制のWeb上で展開される
コミュニティ(クローズド)の総称

だそうです。


有名人がやっている
オンラインサロンは、
この定義にピッタリですよね。





しかし、ぼくが考える
オンラインサロンの定義
というのはちょっと違います。


その定義は、・・・




オンラインサロンとは、

インターネット上において
コンテンツの提供と
交流の場の提供がなされる
会員制のコミュニティ

のことです。


も少しわかりやすく、
具体的にしてみました。




インターネット上にあるオンラインサロンのメリット



まぁ、「インターネット上」でも、
Web上でもいいんですが、

とにかく、オンラインサロンなので、

オンラインで提供される
サービスであることには
間違いありません。


インターネット上(オンライン)だと
何がいいかというと、

インターネット上にある
システムが利用できる
ということですね。


例えば、
会員サイトシステム
メール配信システム
チャットシステム等々


そういったシステムを
利用することによって、
人手がなくても、

オンラインサロンを
運営できるということです。


なんなら1人でも
OKです。



あと、
インターネット上だと、
世界中にアプローチできる
というメリットもあります。


「世界にアプローチって
大げさじゃない?」
って、思われるかも知れませんが、

海外には、約135万人もの
日本人が住んでいるので、

インターネットを使えば、
日本にいるサロンオーナーさんでも、

彼らに充分アプローチが
できるわけです。



なので、インターネットを利用する
オンラインサロンには、
いろいろなメリットと可能性があります。



そんなオンラインサロンを
あなたも自前で作ってみませんか?




【追伸】
今回の記事を
読んでいただいたお礼に、

ぼくからのプレゼントがあります。

よかったら、
ちょっとのぞいてみてくださいね

http://jkjk.biz/s/XEWu4I



市川ヒロシ